どんな種類の血便ががん血便直腸癌_がん新浪健康_新浪網-roselip

白露養生覚えて4の秘訣白露、節気の第十五、マーク孟秋季節の終わりと仲秋の季節の始まり。白露は年中昼夜の温度差の最大の1つの節気。この暑さが消え、気温が下がり、天気がゆっくりと涼しく、中国のほとんどの地域が、云淡风轻秋の天気。白露養生の秘訣、白露三時【サカツラガン来」秋の重さ、サカツラガン北から南の移動、大者を鴻雁、小さいと;「玄鸟帰」玄鸟はツバメ、春が来ると秋に、対応は「玄鸟春分第一」を「恥」;鳥恥ずかしくて、食糧、指群鳥もいるの豊富な食品を備えて、冬の月。二、梅の季節の習慣は天気が涼しくなっている。「2~2点」よりも、子育ては民間における地位は高くないが、風俗習慣も次第に消えていく。いち.食べ竜眼福建省福州の伝統の習わし:白露食べ竜眼。この日は白露食べ竜眼大补体の効果があるので、竜眼自体の役に立つ息の脾臓の、血を鎮めて、皮膚を滑らかにする美容などの多種の効果、貧血の治療にも、不眠、神経衰弱などの多種の疾病、しかも白露前の竜眼ずつ大粒、核小味甜口当たりがいいので、もう食べ竜眼白露いいけど。2 .“10種類の白”の煮込んだシチューは、浙江省温州などでも実をしたことがある。この日には「十種類の白」を採取したものである(「三つの白」という説がある)。煮ていた鶏(あるいはアヒル)で、食後は体を補給して、気風(関節炎)に行くそうだ。これは「白」という字の漢方薬は10種類の「白」の字のようなものだ。3。発酵茶は、葉のように柔らかいものではなくて、泡がなくても、葉のように渋い味ではなく、独特の甘さがあって香りがしている。南部籍と浙江省の旧南京の中には、木の酒を作る習慣があります。昔のソ江一帯は田舎の人が毎年早く来て、家で酒を醸造して、お客さんを接客することに使っていました。白露酒もち米、コウリャンなど五穀になって、やや甘みと称して「白露甘酒」。よんしよ.祭禹王白露時節は安徽省太湖人「祭禹王」の日。魚は伝説の治水英雄大大、湖畔の漁師を「水路菩薩」と呼んだ」。毎年正月の8日、清明、7月に7月に7月7日になると、ここでは祭りの香会が行われます。その中で、清明、000、春秋の2祭りの規模を最大にして、一週間にわたって。花を祭りにすると同時に、土地の神、魚の葉、蚕の花の娘、神の神、オタク、葉などを祭り。イベントの期間中、『ラスト』は必ず演じる1台の芝居で、人々が美しい生活に対する祈りとあこがれを託した。三、白露養生ヒント白露後天気寒暖の変化が多くて、特に朝晩少し涼しさを誘発しやすいこと、風邪や病気が再発した。この時、鼻腔病、喘息、気管支病の発生を避けなければなりません。この節気の養生のポイントは体を鍛えることを強化して、飲食は肺を飼うことに注意します。いち.温水足湯補い腎臓の息の白露から始めて、天気はますます涼しくて、一部の人が手足が冷たい、肢体寒がり、疲労などの症状は、腎臓の息の不足の表現から、白露後注意すべき場合腎臓の息の補い、夜の足を堅持して、ぬるま湯で、水がなかった足首まで、時間じゅうごさんじゅう分、バブルに発熱体は最も良くて、足を浸しながら耳をこすると腰熱、腎納得がいく耳上に耳が密集の反射区、繋がって全身すべての器官で、よくもみ耳は1種のとても良いのは養生方法。2 .動きが結ばれているのは精神的に治した後に1年の中で体を鍛える良い季節で、この時に運動項目を選んで人によって異なるべきで、力を持って根気よく続けます。高齢者は散歩、ジョギング、太極拳、自己マッサージなど、中高年に走ることができます。以上の運動を行うと同時に、いくつかの「葉」に合わせて、息を吐いたり、目を閉じたりして、動きがとれています。また、秋に入ると低くなりがちな気分になりがちですが、心の養生に注意して、愉快な気持ちを保つことができ、笑いは肺に十分なものを吸って、息を吐いて、血の流れを加速させて、心肺の血気を調和させることができます。常に笑っているのか、スポーツで、胸を伸ばし、肺活量を増大させることができる。3。しかし、肺の喜びは乾燥していないので、ビタミンの食べ物はあっさりしていて、消化しやすくビタミンに富んでいる菜食を主に提案することを提案しています。また、梨、雪、蜂蜜、ユリ、クコ、大根、豆製品などを食べて、オレンジ野菜、例えばカボチャ、赤大根などを食べています。また、いくつかの緑黄色野菜を食べて補足ビタミンCもとても必要があって、例えばカイラン菜と、ホウレンソウ、ブロッコリーなど、できるだけ少なくタチウオ、カニやエビ、ニラ、冷たいもの、塩漬けの野菜と甘肥えすぎる油っこい食べ物。また、白露季節、朝飲む碗のかゆ、秋燥を防ぐことができます、例えばシロキクラゲのかゆ、蓮のお米のお粥、ゴマのかゆ、赤いナツメのかゆ、サツマイモのかゆ、トウモロコシ粥など。よんしよ.早寝早起き秋凍適度目下大自然の陽の息の次第に収束、曇る息はますます盛んで、リビングも宜に自然界のこの変化は、できるだけ早寝早起き、起きてから適切な運動に肺の息の宣发と体内の陽の息の升発。また、秋の朝は、空気が澄んでいて、空気がきれいで、一日中の空気が最もしっとりしていることで、早寝早起きは、利をもって元気になって、肺の乾燥を受けないようにして、豊かな活力を保ちます。天気が涼しくなって、人の毛穴が閉じて風邪を引くのを防ぐために、あまりにも厚い服を着ると、毛穴は熱によって開いているので、急に温度を下げる寒さは毛穴を通して人を傷つけることになります。だから、「春は秋の寒さを押さえます」と言われて、「秋の寒さ」にこだわります」。しかし、健康な人たちはこのようにすることができて、適当な涼しい刺激に適して、寒さに耐える能力を鍛えることに役立ちます。弱者や体のびくびくして冷たいが古い人の群れ、起きてからは適当に迷惑薄手の衣護腹部、脚と肩など肝心部位。寝ているのは布団も大切だし、特に心脳血管病患者、老岩患者と関節病患者は「秋の寒さ」を防ぐことができない。総合広州日報、中国新聞網、羊城夕刊などの記事

白露养生记住四个秘诀   白露,二十四节气中的第十五个,标志着孟秋时节的结束和仲秋时节的开始。白露是全年昼夜温差最大的一个节气。此时暑气逐渐消逝,气温开始下降,天气慢慢转凉,我国大部分地区出现秋高气爽、云淡风轻的天气。 白露养生秘诀   一、白露三候   【鸿雁来】秋重,鸿雁自北而南迁徙,大者为鸿,小的称雁;   【玄鸟归】玄鸟即为燕子,春来秋去,对应春分第一候"玄鸟去";   【群鸟养羞】羞,粮食,指群鸟都有丰富的食物,以备冬月。   二、白露时节习俗盘点   天气转凉,露凝而白。相较于“两至两分”,白露节气在民间的地位并不算高,白露风俗习惯也渐渐消失,流传下来的习俗多与食物有关。   1.吃龙眼   福建福州有个传统习俗:白露吃龙眼。在白露这一天吃龙眼有大补身体的效果,因为龙眼本身就有益气补脾、养血安神、润肤美容等多种功效,还有助治疗贫血、失眠、神经衰弱等多种疾病,而且白露之前的龙眼个个大颗,核小味甜口感好,所以白露吃龙眼再好不过。   2.“十样白”煨乌骨鸡   浙江温州等地也有过白露节的习俗。苍南、平阳等地民间,人们于此日采集“十样白”(也有“三样白”的说法),以煨乌骨白毛鸡(或鸭子),据说食后可滋补身体,去风气(关节炎)。这“十样白”乃是十种带“白”字的草药,如白木槿、白毛苦等等,以与“白露”字面上相应。   3.喝白露茶、白露米酒   老南京人都十分青睐“白露茶”,此时的茶树经过夏季的酷热,白露前后正是它生长的极好时期。白露茶既不像春茶那样鲜嫩,不经泡,也不像夏茶那样干涩味苦,而是有一种独特甘醇清香味,尤受老茶客喜爱。苏南籍和浙江籍的老南京中还有自酿白露米酒的习俗,旧时苏浙一带乡下人家每年白露一到,家家酿酒,用以待客,常有人把白露米酒带到城市。白露酒用糯米、高粱等五谷酿成,略带甜味,故称“白露米酒”。   4.祭禹王   白露时节还是安徽太湖人“祭禹王”的日子。禹王是传说中的治水英雄大禹,太湖畔的渔民称他为“水路菩萨”。每年正月初八、清明、七月初七和白露时节,这里都将举行祭禹王的香会,其中又以清明、白露春秋两祭的规模为最大,历时一周。在祭禹王的同时,还祭土地神、花神、蚕花姑娘、门神、宅神、姜太公等。活动期间,《打渔杀家》是必演的一台戏,它寄托了人们对美好生活的一种祈盼和向往。   三、白露养生提示   白露后天气冷暖多变,特别是早晚更添几分凉意,容易诱发伤风感冒或导致旧病复发。此时要避免鼻腔疾病、哮喘病和支气管病的发生。这个节气的养生重点是加强身体锻炼,饮食注意养肺。   1.温水泡脚 补养肾气   从白露开始,天气越来越凉,有些人出现手脚冰凉、肢体怕冷、乏力等症状,这是肾气不足的表现,所以白露后应注意补养肾气,这时可以坚持晚上泡脚,用温水泡,水要没过脚腕,时间在15到30分钟,泡到身体微微发热最好,泡脚的同时把耳朵和腰部搓热,肾开窍于耳,而且耳朵有密集的反射区,联系着全身每一个器官,所以常搓揉耳朵是一种很好的养生方法。   2.动静结合 调养心神   白露之后是一年中锻炼身体的好季节,此时选择运动项目应因人而异,量力而行并持之以恒。老年人可散步、慢跑、打太极拳、自我按摩等;中青年人可跑步、打球、跳舞、爬山等。在进行以上运动锻炼的同时,还可配合一些“静功”,如呼气、闭目养神,做到动静和谐。另外,进入秋季容易出现低沉甚至抑郁的情绪,应注意心理养生,保持愉快的心情,笑可以使肺吸入足量的清气,呼出浊气,加速血脉运行,能使心肺的气血调和。常笑还是一种健身运动,能使胸肌伸展,增大肺活量。   3.饮食清润 喝粥防燥   秋季对应的是肺,因此白露时节要注意养肺。但肺喜润不喜燥,所以白露季节不能一味进补,建议在饮食上宜以清淡、易消化且富含维生素的素食为主,多吃梨、银耳、蜂蜜、百合、枸杞、萝卜、豆制品等,多吃橙黄色蔬菜,比如南瓜、红萝卜等。另外,吃一些绿叶蔬菜补足维生素C也很有必要,如芥兰、菠菜、绿菜花等,尽量少吃带鱼、螃蟹、虾类、韭菜、生冷食物、腌制菜品和过于甘肥油腻的食物。同时,白露季节,早晨喝碗粥,能防秋燥,如银耳粥、莲米粥、芝麻粥、红枣粥、红薯粥、玉米粥等。   4.早睡早起 秋冻适度   眼下大自然的阳气逐渐收敛,阴气将越来越盛,起居也宜顺应自然界的这种变化,尽量早睡早起,起床后适当活动,有利于肺气的宣发和体内阳气的升发。另外,秋天早晨天高气爽,空气清新,是一天中空气最为湿润的好时候,早睡早起,以利收敛神气,使肺不受秋燥的损害,从而保持充沛的活力。天气变凉,人的毛孔要闭合起来防着凉,如果过早就把厚衣服穿上,毛孔就会因为受热而张开,突然降温带来的寒气就容易透过毛孔伤人,所以,坊间流传“春捂秋冻”之说,讲究“秋冻”。但是,健康人群可以这样,适宜的凉爽刺激,有助于锻炼耐寒能力。但老弱者和身体虚寒的人群,起床后应适当添件薄衣,护好腹部、脚部和肩膀等关键部位。睡觉盖好被子也很重要,特别是心脑血管病患者、老慢支患者和关节病患者更莫盲目“秋冻”,以免旧病复发。   综合广州日报、中国新闻网、羊城晚报等报道相关的主题文章: