论剑恒大:洋枪支え優勝道地元の屈折気まずい(動画)式微をする-aquaria

论剑恒大:洋枪支え優勝道式微をする「情報」と地元の屈折気まずいクラブランキング:恒大アジア復帰第いち国安がテンセントスポーツに港じゅう月じゅう日ニュースリーグあとよんしよ輪、リードして2位に蘇寧ななしち分、恒大連続獲得第ろく座リーグ優勝トロフィー数無懸念。は数名の代表級大将絶えず投下の情況の下で、恒大能力圧蘇寧、港、中国などに大衆の土豪優勝へと前場さん名助っ人アラン、高ラトル保&奥の活躍は関係が多少は昨シーズンを奪ったら本土枠の選手は、この試合は思わしくなかっ旬の発揮。中国の中国本土の選手の不足は、国が12強の試合の中で競争力が欠けていることによって、前の3輪の1平2負の競争力が危険でなくて、これもファンに考えてもらうことによって、大量の超援助が来て、中国のサッカーに多くの助けを与えることができますか?壮大な優勝の基礎となった26回戦は、高さ15回で15球がいていたが、ここでは11球が射手座で5位にランクインしていて、2人が手を組んで26球に入り、これまでの総ゴール数は51粒となっており、ハイ・特集とアランのゴールの割合は50 %を超えている。また、保水力では5球と4ボールが入金されていて、51粒のリーグ戦で、35球が外国からのチームに所属している。それに値するのは、4200万欧州でなければチームがうまくできなかったとしても、数ヶ月の傷が止まってしまったとしても、海外からの攻撃の組み合わせのデータがもっと怖い。外国からの外国人の援助を持っていた1枚の天を支えている一日は、その本土の選手を支えていたのですが、それ以外の選手は何もしていません。それでも援護攻撃ランキングでは、郜林じゅういち回ペースメーカーが、貢献したななしち度援護攻撃の高拉特とさん度援護攻撃のアランが、これを変えることができないになる恒大本シーズン助っ人礎石の現状。そして昨シーズン、恒大が優勝するもっと多いのは本土で選手の肝心な時にチームの重任を担い。もちろん否定できないのは、今年の本土の選手は大きい面積がけがをしたことが現れて、彼らの発揮にも影響しました。オリジナルシーズン1度は打ちませんでした。いくつかの点については、外国からの援助は、各チームの中心部になっているということは、中国の中国では一般的である。中国本土の選手が負傷している病気の影響を発揮することによって、中国本土の選手が負傷している病気の影響を受けていた場合には、長距離の外国からの支援は、けがをしていない。今シーズンは、アランシーズンの初めに清算されていたが、森さんもけがをしていた。昨年は自慢話をしていたが、原爆の奥にあるものを導入していたのだが、放射能を守るために価値と一致した表現を打ち出しているだけでなく、言葉の表現はがっかりしてしまう。今回のシーズンでは、チームとのさらなる完成を果たしていた久保奥26回前26回の試合は皆勤ではなく、3試合の試合が先行しただけでなく、リーグ戦での総出場時間は19 , 000分となっていて、トライアスロンは5粒のゴールと1回の腕前に貢献しただけでなく、2枚のイエローカードだけで、出勤率を保証した。高さんは25試合に出場していて、その場で初出場していて、出場時間が長距離チームに続いて、23回のリーグ戦に出場し、出場回数は5位に並んでいた。有名な外国人の援助の表現は優れているというのが優れていることが有名であるということがありますかということを表現してほとんど皆勤している上に優秀な表現があって、後ろの何本の追跡は外国からの方面にすべて状況が現れました。江蘇省には5000万欧州が導入されたもので、シーズンの前半はほとんど発揮されていないが、リーグ戦では11回連続でゴールしない状態になっている。2800万円のこだわりは状況が続いており、出場時間はわずか22分で、4回戦の処罰に遭遇した。そして上から恒大掘って埃尔克港の森、小傷が絶えず、状態は起伏して、吉安と胡尔克で相次いでいる傷病、MFコアホールカードは早々にシーズン清算に港、今季は見たことがない。優勝希望。外部から「第2」と呼ばれる河北省の中国の幸福、5大外国からの健康的な場合は1度にポイントランキングの第2位に並んでいたが、負傷者が出てきたけがをした後、チームの他の大コアではけがをしていた。国安と魯能の応援する場合は、両チームが一度には同じ保级チームと外国からの援助が傷病関係。外国からの援助を受けて傷病の影響は最小の申花が、登巴巴のシーズン清算もかつてチームを危うくACL資格の見通しは、莫雷诺、瓜林と马丁斯の配置に比べて恒大はやや劣る、これも申花ずっと未登録されて争冠チーム行列の重要な原因。ブランドの全面的なこだわり、屈折した国の足は前のいくつかのシーズンと同じように、射手が再び外国から派遣されていて、上位20位の射手の中で、オリジナル(13球、4位)、そしてオリジナル(8ボール、12位)のほか、清一色のすべてが外国人前線となっている。自慢話は6球に突入していたが、わずか23位に並んでいたが、代表前線では17回も出場していた。また、24回は5球に出場していたが、それは当然のことではなくても、国連の監督としては、フォワードがありません。クラブチームの前線の位置を全部助っ人占領され、本土の選手が行き詰まる、数シーズン前にこの現象は外部に言及されて。外国人が領土砲を持っていくかどうかは、12戦の試合から見えてくるかもしれない。郜林、武磊、杨旭全て哑火に加え、张玉宁、代表チームのよんしよパワーフォワードさんラウンドじゅうに強で一球未進。リーグの本土きっていて武磊、甚だしきに至ってはじゅうに強で連続逃して何度も単刀、これも反映して地元のばつが悪い。いざ試合中独主役を務める、外国からの援助に相手の防御線を牽制し、地元のたちの威力は急激に下がる。大物外国人が中国サッカーの進歩を助けることができるかどうか、もしかしたらこのような偽の命題は国の足から答えを探しているのかもしれない。(扎库米)

论剑恒大:洋枪撑起夺冠路 土炮式微折射尴尬 【资讯】俱乐部排名:恒大重返亚洲第1 国安力压上港 腾讯体育10月10日讯 联赛还剩4轮,领先第2名苏宁7分,恒大连续夺得第6座联赛冠军奖杯几无悬念。在多名国脚级大将不断倒下的情况下,恒大能力压苏宁、上港、华夏等一众土豪奔向冠军,与前场3名外援阿兰、高拉特和保利尼奥的出色表现不无关系,上赛季抢走外援风头的本土球员,本赛季的发挥则差强人意。而中超本土球员的式微,也直接导致国足在12强赛中缺乏竞争力,前3轮1平2负未尝胜绩出线形势岌岌可危,这也不由让球迷们开始思考,大量超级外援的到来,给中国足球能带来多大的帮助?洋枪成恒大夺冠基石26轮战罢,高拉特以15球领跑射手榜,阿兰打进11球排在射手榜的并列第5位,两将联手打入了26球,而恒大到目前为止的总进球数仅为51粒,高拉特和阿兰的进球比例超过了50%。此外,保利尼奥和马丁内斯分别有5球和4球入账,恒大的51粒联赛进球中,有35球归属于外援,比例达到了68.6%。值得一提的是,如果不是4200万欧的J-马丁内斯没有很好和球队完成磨合,加上出现了数个月的伤停,否则恒大外援攻击组合的数据将更为恐怖。外援撑起恒大的一片天反观恒大的本土球员,除了郜林、郑龙、于汉超 、黄博文和郑智取得了进球之外,其余球员均无建树。尽管在助攻榜上,郜林以11次领跑,力压贡献了7次助攻的高拉特和3次助攻的阿兰,但这不能改变外援成为恒大本赛季基石的现状。而上赛季,恒大能夺得冠军更多是靠本土球员在关键时刻扛起球队的重任。当然不可否认的是,恒大今年的本土球员大面积出现伤病,也影响了他们的发挥,邹正本赛季一场未打,前场进攻端的重要支柱于汉超提前报销,郑龙也是受到伤病的困扰沦为替补。有一点不得不提,外援成为各队主心骨在中超已成常态,只是相比之下,恒大外援群的发挥更为优异。力压苏宁上港,恒大全靠外援三叉戟在本土球员不断受伤病影响发挥的情况下,恒大的外援没有被伤病大面积击倒,J马水土不服长期缺阵,但伤愈归来的阿兰却持续有高光表现,金英权 也坚持到赛季末才倒下。而上赛季,阿兰赛季之初就报销,埃尔克森也是伤病不断,恒大在前场一度只能依靠高拉特一人苦苦支撑。虽然去年夏窗,恒大引进了保利尼奥和罗比尼奥,除了保利尼奥打出与身价相匹配的表现外,罗比尼奥的表现则相对让人失望。而本赛季,与球队进一步完成磨合的保利尼奥前26轮比赛全勤,不仅场场首发,而且仅有3场比赛被提前换下场,联赛中的总出场时间达到2338分钟,堪称铁人,而且保利尼奥不仅贡献了5粒进球和1次助攻,作为后腰的他只吃到2张黄牌,保证了出勤率。高拉特出战了25场比赛,而且场场首发,出场时间在恒大队内仅次于保利尼奥,阿兰则出战了23场联赛,出场次数排在全队的第5位,除了保利尼奥和高拉特之外,本土球员中仅有黄博文、郜林超过他。恒大外援表现堪称优异与恒大外援几乎全勤而且有着不俗表现相比,身后的几支追兵在外援方面都出现了状况。苏宁花费5000万欧引进的特谢拉,赛季的前半程几乎没有发挥,联赛中甚至出现过连续11场不进球的窘境,直到R-马的到来,特谢拉才算找到感觉。2800万欧的拉米雷斯更是状况不断,出场时间仅有1548分钟,还遭遇过4轮禁赛的处罚。而上港从恒大挖来的埃尔克森,小伤不断导致状态起伏,吉安和胡尔克先后出现伤病,中场核心孔卡则早早赛季报销,上港本赛季就没看到过夺冠希望。被外界称为“恒大第2”的河北华夏幸福,5大外援健康的情况下一度排在积分榜的第2位,不过拉维奇出现伤病被撤销报名后,球队的另外一大核心热尔维尼奥又是伤病缠身,姆比亚和居吕姆也是状况不断。国安和鲁能的外援情况则不用赘述,两队一度沦为保级球队同样与外援出现伤病有关。受外援伤病影响最小的则是申花,不过登巴巴的赛季报销也曾经危及球队争夺亚冠资格的前景,莫雷诺、瓜林和马丁斯的配置相比恒大又稍逊一筹,这也是申花始终未被列入争冠球队行列的重要原因。土炮全面哑火,折射国足尴尬与前几个赛季一样,射手榜再度被外援霸占,排名前20位的射手中,除了武磊(13球,第4)以及董学升 (8球,并列第12位)之外,清一色的都是外援前锋。恒大的郜林虽然打进6球,但仅仅排在并列的第23位,国脚前锋中,杨旭本赛季出战17次只打进3球。此外,肖智出场24次收获5球,这也难怪国足主帅高洪波帐下无前锋可用。俱乐部球队的锋线位置全部被外援霸占,导致本土球员没有出路,数个赛季之前这个现象就被外界提及。外援到底能不能带领土炮们提高,或许从12强赛的比赛中就能一窥端倪。郜林、武磊、杨旭全部哑火,加上张玉宁,国家队的4大前锋3轮12强赛一球未进。联赛的本土头号射手武磊,甚至在12强赛连续错失多次单刀,这也折射出土炮的尴尬。一旦要在比赛中独挑大梁,没有外援在身边牵制对手防线,土炮们的威力急剧下降。大牌外援到底能不能帮助中国足球进步,或许这样的伪命题只有从国足身上去寻找答案。(扎库米)相关的主题文章: